• コメント

欧州、ベラルーシ大統領選結果に不信感 抗議弾圧を非難

2020年08月10日22時11分

 【パリ時事】欧州連合(EU)欧州委員会のフォンデアライエン委員長は10日、旧ソ連構成国ベラルーシの大統領選について、ツイッターで「投票が正確に集計、公表されることを保証するよう、ベラルーシ当局に要請する」と述べた。選挙では現職のルカシェンコ大統領が約8割の得票率で6選を決めたが、欧州各国は不正の疑いがあると不信感を抱いている。

大統領選、抗議弾圧で死者情報 ルカシェンコ氏6選―ベラルーシ

 ベラルーシの首都ミンスクでは、選挙結果に抗議するデモ隊と治安部隊が衝突し、死者が出たという情報が出ている。政権は抗議活動を徹底して封じ込める構えを見せている。
 フォンデアライエン氏は「平和的な抗議者への嫌がらせや暴力的抑圧(を行う国)には、欧州内に居場所はない。基本的な権利が尊重されるべきだ」と、ベラルーシ当局を非難した。
 AFP通信によると、ドイツのザイベルト政府報道官も「民主主義的な選挙における最低限の基準も守られていない」と批判。「(ベラルーシでの)組織的な不正行為と選挙法違反に関する数多くの報告は信ぴょう性が高い」と指摘した。
 ラトビアやチェコ政府も、ベラルーシ当局の抗議活動弾圧を非難している。

コメントをする/見る

特集

国際用語

国際

コラム?連載

ページの先頭へ
時事通信の商品?サービス ラインナップ
亚洲欧美免费无码专区/国产亚洲综合欧美视频/迷人女教师/种子搜索神器