• コメント

夏限定イルカショーで水浴び 愛知県美浜町

2020年08月07日08時00分

夏季限定の特別ショーの公開リハーサルで練習の成果を見せるイルカたち=愛知県美浜町

夏季限定の特別ショーの公開リハーサルで練習の成果を見せるイルカたち=愛知県美浜町

 体験型水族館、南知多ビーチランド(愛知県美浜町)で21日、夏季限定の特別イルカショーの公開リハーサルが行われた。イルカたちが跳ね上げる水のシャワーを大量に浴びて冷涼感を存分に味わえる。
 「超スプラッシュドルフィン」と名付けたショーは、通常よりも大量の水を使うのが特徴。今年からプールに水を飛ばす「ウオーターキャノン」も新設された。前列3列に特別席を設け、かっぱを着て水しぶきを楽しむことができる。
 公開リハーサルではイルカ4頭が一般客約150人の前で春から約4カ月間訓練した成果を披露した。ジャンプや尾っぽを使った水掛けなどの技に歓声が上がった。夏休み初日に名古屋市から家族と来た木嶋ゆうさん(8)は「水が掛かって楽しかった」とうれしそうに語った。
 新型コロナウイルス対策のため、間隔を空けた上での観覧やマスク着用を呼び掛ける。ショーの席数も定員半分の400席にとどめており、担当者は「安全に水遊びができる場所として楽しんでいただきたい」と話している。
 イルカショーは23日から8月30日まで1日計4回実施。夏のイベントはこのほか、プールに入ってイルカと触れ合う体験や、夜の水族館ツアーなどが催される。【もぎたて便】

コメントをする/見る

特集

にっぽんもぎたて便

コラム?連載

ページの先頭へ
時事通信の商品?サービス ラインナップ
亚洲欧美免费无码专区/国产亚洲综合欧美视频/迷人女教师/种子搜索神器